2007年03月05日

民間療法がメタボリックに効く:気分転換

メタボリックシンドロームの治療法としては、医学以外の民間療法が予想外の効果をあらわすことがあります。

私の別のブログである補聴器@最新情報では、2年前に左耳が全然聞こえなくなり、有名医大の耳鼻咽喉科で「治る見込みなし」とさじを投げられ私の嫁さんが、毎日一時間腰湯とハーブを飲むと、半年後に8割回復した例を、載せています。

全然聞こえなくなる、難聴、白内障、緑内障は、定説ではメタボリックシンドロームの病気には含まれていませんが、メタボリックシンドロームの前後や最中に発生しやすいので、メタボリックシンドロームの病気に含めてもよいかもしれません。

とにかく、メタボリックシンドロームのガンや脳梗塞や心筋梗塞や高血圧や高脂血漿、糖尿病は薬では治りにくく、また一時は効果があっても、3年ほど後に再発し、重態になって再起不能になりやすいです。

皆さんの知人や友達や親族を見ていれば、納得できると思います。

全然聞こえなくなる、難聴にまさかと思う民間療法が効いた私の嫁さんの例を書きましたが、メタボリックシンドロームのガンや脳梗塞や心筋梗塞や高血圧や高脂血漿、糖尿病の治療や予防に、まさかと思う民間療法が効く場合がありますので、早く死にたくなければ、お医者さんばかりに頼らず、自己責任でいろいろ試されるのが良いと思います。

ガンや白内障にも、予想外のものが効くます。友人から「効くよ」と言われてもらっても、バカにして飲まず、愛犬に与えていると、愛犬のガンや白内障がすぐ治って驚き「犬に食べさせたり飲ましている場合でない」と痛感するケースも多いようです。

気分転換にこれまでと異なることをすれば、メタボリックシンドロームの治療や予防に効果がある場合もあります。田舎暮らし@最新情報という私のブログに「バケツで稲づくり」と載せていますが、気分転換にベランダでポリバケツで稲を作られることもお勧めします。苗3本植えると、800粒収穫できるそうです。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。