2007年10月11日

メタボリックとダイエットと覚悟:マリア・カラスがサナダムシを飼うダイエットで50キロやせ

10/5の「メタボリックシンドロームの基本知識」というブログに「メタボリックでないが夕食なしのダイエット実行開始:約3kgやせる:10月末まで実行:間食・便秘がち予防・コーヒー」とのタイトルで書きました。

私は、9/27頃から毎日夕食を食べない、間食を一切しないダイエットを思い切って実行してます。私は、身長177.5mで理想体重は70kgプラスマイナス10です。

今日は、10/11ですから、夕食を食べない、間食を一切しないダイエットを約半月していることになります。今朝82.5キロですから、半月で3.5キロやせたことになります。10月末まで実行すれば、いくらやせられるか楽しみです。

でも、連休最後の月曜日に、2日続けて食事は朝一食だけにしたため、空腹で私のPC で、レンタルビデオから借りた韓国映画dvd「海神」を見ながら、どんぶり飯で夕食をたらふく食べ、お菓子も好きなだけ食べたため、一晩で2キロ肥えましたが、火曜日、水曜日は夕食を食べない、間食を一切しないダイエットを続けたため、2キロ肥えた分がやせ、82.5キロになりました。

私は、これまで3週間の断食を8回ほどしていますが、食事の減量(カロリー制限)と運動で痩せる方がよほどしんどいです。苦労して2-3キロ痩せても、一寸油断すると2日で元に戻ります。

3週間の断食で10キロやせますが、チンタラと食事の減量と運動で痩せるより楽です。覚悟で一気に乗り切れるからです。

20-30キロを半年で痩せている人の体験談を読むと、メタボリックシンドロームでダイエットに何回も失敗している方は、うらやましいと思われます。

20-30キロを半年で痩せる人は、超肥満で、このままではいけないと、せっぱ詰まっているので、覚悟を決めて一気にダイエットできますから楽に成功するのです。

イタリアの歌姫だったマリア・カラスが腸内にサナダムシを飼うダイエットで、108キロから1年で50キロやせたようです。歌集生命、生命そのもの、美貌に危険がせまったため、覚悟を決めてやられたから50キロやせられたと思います。

メタボリックシンドロームぐらいでは、なかなか覚悟が決まらず、チャラチャラしやすいです。糖尿病が進行し網膜はく離で失明の危険や足の指間が白くなり足が腐り始めないと、覚悟が決まらないようです。

余談ですが、韓国映画dvd「海神」8巻は、チュモンやチャングムに匹敵する面白さです。9Cに韓国南端おの造船所の奴隷から、唐、新羅、日本を股にかける豪商になった実在人物のドラマです。チュモンやチャングムの構成をやった人が、「海神」の構成もやっています。山賊やライバルに襲われて全滅させられたり、暗殺されやすい昔の豪商は、商才だけでなく、武芸者であること、私設軍隊を持っていること、信用できる優秀な側近、命をくれる人材、胆力、決断力を持っていないと、生き残れないのですね。

「海神」を見ていると、メタボリックシンドロームで悩んだり騒いでいるのが、恥ずかしいような気持ちになります。「海神」の時代と比べると、ずいぶん平和で安全ですが、ダレたたるんだ時代に生きていると思いました。私自身も、ダレて、たるんでいると思いました。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。