2008年02月20日

メタボリック関連病のED(勃起不全)とハードな運動:柔軟な身体:散歩効果なし?

メタボリックシンドロームの関連病として、ED(勃起不全)について、メタボリックシンドロームの基本知識というブログで何回か書きました。

ED(勃起不全)は、メタボリックシンドロームになり高血圧になり、中性脂肪が多くなると、性器の血管にコレストロールがつまり、血流が悪くなって発生するといわれています。

対策として、肉食や脂肪分の多いものをなるべく控え和食中心にし、適度の運動を毎日することが勧められています。

いかに有名なバイアグラを飲んでも、上記の二つの対策を守らなければ、なかなかメタボリックシンドロームの関連病のED(勃起不全)は治らないようです。

肉食や脂肪分の多い食事後にバイアグラを飲んでも、効きにくいです。

適度の運動もしていないと、バイアグラを飲んでも効きません。

特に顔が足のひざに付かないほど堅くなっていたり、脚の股開きの角度が大きくできない、腹や腰の筋肉をあまり使うようなことをせずにダレていたり、太ももを鍛えるようなことをあまりしないでダレていては、バイアグラを飲み、肉食や脂肪分の多いものをなるべく控え和食中心にしても、ED(勃起不全)は治りにくいようです。さて、あなたの身体の現状は、いかがですか?

毎日一時間の散歩ぐらいでは、しないよりマシですが、ED(勃起不全)は治りにくいようです。

ハードな運動をすると、故障や事故が起きやすいですが、かなりハードな運動をしないと、ED(勃起不全)には効果がないようです。歩くことでも、毎月登山をするぐらいでないと効果がないようです。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。