2008年04月15日

痩せていてもメタボリックの米国研究結果:61%が「隠れ肥満」

米メイヨークリニック(米国ミネソタ州)は、シカゴで開催された米国心臓学会(ACC)年次集会に、肥えていない標準体重でも、61%の人が体脂肪率が高い「隠れ肥満」だと研究結果を発表した。

その上、血液検査では高コレステロール、高レプチン(脂肪組織などにある食欲を調整するホルモン)などの異常が発見され、高い割合ででメタボリックシンドロームが発生していた。

私のメタボリックシンドロームの基本知識でも、痩せていても糖尿、心臓病、高血圧になっている人は多く、メタボリックシンドロームの診断基準はあまり信頼できないと、これまで何回も書いてきましたが、それを裏付ける研究発表です。

痩せていて腹が出っ張っていなくとも、腹部に脂肪がつきやすく、それが危険な訳です。腹囲85センチ以下でも安心はできない。

とにかく、何回も書いてますが、痩せていても糖尿、心臓病、高血圧やがんになっている人は、悪い顔色で、便通が悪く、腰痛か肩こりで、運動嫌いの傾向があります。性格は皮肉や悪口が好きです。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。