2008年10月25日

メタボリックと便通と顔色とガンの関係は?

メタボリックシンドロームの基本知識ブログで「玄米や全粒小麦の植物繊維がメタボリック予防に効く:国際栄養士会義で発表・一握り加える」「メタボリック予防の腸の善玉菌増やせ:仏さんの説く自明灯・花粉症」「メタボリックは大腸ガンになりやすい:米国消化器病学会・便秘がちか下痢がち・腰痛」と、最近、それぞれ書きました。

玄米や全粒小麦の植物繊維は、便秘を治して、大腸ガンになりにくくします。

また、玄米や全粒小麦の植物繊維は、腸内の善玉菌を増やして、便通を良くし、腹部を良い気持ちにさせリラックスさせ、良い顔色にもします。このようになれば、大腸ガンなどガンにも、なりにくい体質になります。また、メタボリックシンドロームにもなりにくい体質になります。

メタボリックシンドロームや大腸ガンなどのガンになりやすい人は、とにかく、便秘がちか下痢がちで悪い顔色の人が多いです。

玄米や全粒小麦の植物繊維などをなるべく食べるようになどして、便秘がちか下痢がちを治し、良い顔色になった方が良いです。

とにかく、どのような方法でも、毎日2回便通があるようにすれば、美しい白、黄色、赤色の混じったツヤのある良い顔色になり、若返ってきます。この様な人で、メタボリックシンドロームや大腸ガンなどのガンになっている人を、私は知りません。もし、おられたら、このブログのコメントに書き込んで下さい。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。