2008年12月31日

メタボリックやガン予防には責任感・他人への貢献・感謝されることも

メタボリックシンドロームの基本知識ブログで、メタボリックシンドロームやガンの予防には、節制という守り、捨て身で何かに挑戦する攻撃的な不節制の両方が必要である、夫婦仲円満が必要である、、、と書きましたが、さらに、何かに責任を持つ、他人に貢献しているとの自負心を持てる、他人から感謝される、、、ことも必要だと思います。

私は、今千葉県に住んでいますが、京都府の過疎村の出身で、田畑は近所の方に全部貸しています。

時々、田舎に帰っていますが、美しい赤色の混じった良い顔色で85才以上生きている人の暮らしの共通点は、大雨の降らない限り、毎日半日畑仕事をしていることです。腰が曲がってヨタヨタしてきても、乳母車を押して畑に行っておられます。

田舎暮らしの老人が長生きな原因は、家族が食べる野菜は自分が責任を持って作っていること、そして野菜作りを通じて、他人(家族や近所や部落など)に役に立っていると自負でき、他人から感謝されていることだと思います。

家でごろごろしたり、テレビばかり見たり、碁ばかりしていたり、旅行ばかりしていたり、年金ばかりもらっていたり、家族に大事にされて世話ばかりしてもらって他人への依存心が強くなれば、気力がすぐ衰えて、メタボリックシンドロームやガンになりやすいように思います。

さて、あなたは、何かに責任を持つ、他人に貢献しているとの自負心を持てる、他人から感謝されることをお持ちですか?


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。