2009年01月03日

メタボリック予防も兼ねて一個のモチのお雑煮:バスに乗らず1時間半歩く・愚直

メタボリックシンドローム予防には、肥満は無関係とも外国で言われていますが、肥えると体重でヒザや腰を痛めやすいし、メタボリックシンドロームの心臓病や糖尿病にもなりやすいので、あまり肥えないほうが良いですね。

私は、例年の正月には、体重が2-3キロ肥え、元に戻すのに、数ヶ月もかかることもあります。

今年の正月は、肥えないようにしようと思って、年末に買うモチの量を減らし、お雑煮にはモチを一個しか入れないようにしています。テレビや映画DVDを見ながら、つまみ食い、間食、菓子も一切しないようにしています。

おかげで、今年の正月は、今日で3日目ですが、全然肥えません。

昨日は、市内の中央郵便局まで郵便を出しに行きましたが、帰り道はバスに乗らずに、自宅まで1時間半かけて歩いて帰りました。

私は、30年間、なるべく毎日1時間散歩するようにしています。

なるべく毎日1時間散歩とは、すぐ効果がない、目立つ効果がないので、多忙になると、時間の無駄使いのように感じて、実行しにくいものです。

なるべく毎日1時間散歩とは、小額づつ毎日定期預金しているようなものですが、チリも積もれば山となるで、10年続けて、初めて効果が確認され始めるものだと思います。損得や効率を考えたら、なるべく毎日1時間散歩なんかアホらしくてできません。愚直でないとできません。

10年続けると、同年齢の友達や知人と比べて、良い顔色、頭髪が多くて黒い、声に張りがある、動作が機敏、、、と気づくようになります。

このようなれば、白血球の染色体のヒゲの長さも長く丈夫な白血球を持ち殺菌能力も高く、風邪や肝炎や歯周病にもなりにくく、メタボリックシンドロームやガンにもなりにくいと思います。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。