2009年01月31日

メタボリックと長寿と真剣剣法・竹刀剣法:名人ほどその偉さがわからない

長寿の人の特色を前号のメタボリックシンドロームの基本知識ブログで、「健康については名人の境地で、どこかでヒナを握る要領を自得した人だ」と書きました。

しかし、メタボリックシンドロームやガンなどの知識にそれほど詳しくなく、それほど健康にも気を使っていないため、また、特別立派な肩書きや経歴がないために、周囲では健康の名人とも見られておらず、真似しようとする人や弟子入りする人は、まずいません。

そして、メタボリックシンドロームやガンなど健康については、知識に詳しく、健康にも気を使っており(健康の知識に詳しいですが、実際は口先や筆先だけで、健康に気を使っていない人もかなりいますが、、、)、また、特別立派な肩書きや経歴がある人を、健康の名人と思い、真似したり、弟子入りしようとします。

剣術でも、真剣剣法(実践剣法)と竹刀剣法(道場剣法)があり、竹刀剣法(道場剣法)の方が華麗な動きで、理論構成がしっかりしているので、竹刀剣法(道場剣法)の方が、真剣剣法(実践剣法)より強くて信頼できると思われがちです。

寿命、健康だけでなく、地位や金や配偶者や子供についても、「何故、あの人が、、、」と思われる人が恵まれている場合が多いですね。そういう方は、地位や金や配偶者や子供について、ヒナを握る名人の境地ですが、ほとんどの人から名人とは思われていない。ほとんどの人から「運が良かっただけ」「人生は不公平だ」と思われています。

そういう方も、ヒナを握る名人の境地を失うと、地位や金や配偶者や子供を失うか逃げられるか反逆されるか殺していますね。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。