2009年02月28日

メタボリック対策運動と足の大腿部:足の大腿部は生命力や寿命や能力や運勢や機嫌を表わす

前号のメタボリックシンドロームの基本知識ブログで、メタボリックシンドローム対策の運動の一環として、高さ10-30センチの昇降やスクワットをお勧めしましたが、両方とも足の大腿部(お尻の下の足の部分)を鍛えるものです。

足の大腿部を見れば、その人間の実際の生命力や寿命や能力や運勢の強さがわかる訳です。

足の大腿部が柔軟かつ締まっていれば、生命力や寿命や能力や運勢は強く、ストレスに強く良い機嫌です。

しかし、足の大腿部がたれていたり、貧相かぶよぶよならば、生命力や寿命や能力や運勢は弱く、ストレスに弱く自己卑下や偏屈屋や皮肉屋や優柔不断や強い者にぺこぺこし弱い者に威張りやすいです。

これを読んで思い当たることや思い当たる人がいませんか?

太極拳や仙道や武術用の気功の武功などでは、馬が後ろ足で立ち上がった中腰の「馬歩」が基本姿勢ですが、「馬歩」も足の大腿部を鍛えます。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。