2009年03月18日

メタボリックの高血圧に何十年も黒酢&きな粉:長生きの体質に変る

2日前、行きつけの自然食品店のレジで、私の前に血色の良いおばあさんが並んでいるので話しかけると、「何十年も毎日、黒酢の中に大豆粉末のきな粉を入れ、水で薄めて飲んでいる」と言っておられました。

このおばあさんは、40代はメタボリックシンドロームの高血圧で医者に行ったが、高血圧の薬を飲むのが嫌いで、それから毎日、メタボリックシンドロームの高血圧対策として、毎日黒酢の中に大豆粉末のきな粉を入れ、水で薄めて飲んでいるとのこと。

高血圧の薬を3年以上飲むと、肝臓病やうつ病になりやすい。血管の中も変色しやすい。

このおばあさんは、現在80才代。血色が良く、目付きも生き生きしており、95才位までは長生きされそうでした。

40代にメタボリックシンドロームの高血圧でも、その後、愚直に良いと思う事を毎日やり続ければ、長生きの体質に変化するという実例でした。

簡単なことですが、三日坊主にならずにひとつのことをやり続けることは、ほとんどの人にとって困難なことですね、、、、。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。