2009年04月23日

メタボの高血圧予防に菜食主義を再認識

私は現在68才。父親は63才でメタボリックシンドロームの脳卒中で亡くなりました。

このため、私は、食べるものは、長年なるべく菜食中心にしています。

しかし、歳なのか、一ヶ月ほどまえ血圧を測ると、100-170とメタボリックシンドロームの高血圧になっていて、驚きました。

原因は何か考えてみると、毎日卵、チーズ、肉、魚、牛乳を1-2ヶ月食べていました。

それを止めると、血圧は80-135になりますが、気を許して毎日卵、チーズ、肉、魚、牛乳を食べ始めると、血圧は95-150になります。

メタボリックシンドロームの高血圧予防のため、菜食中心主義を再認識させられています。


posted by ヒロ at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。