2009年08月03日

メタボリックやガンへの抵抗力:若い頃の大病

私も68才。仕事で知り合った年上の方は、メタボリックシンドロームの関連病やガンで、ほとんど亡くなられました。

近年は、個人的な同年代の友達が、メタボリックシンドロームの関連病やガンで、くしが抜けるように、ポロリポロリと亡くなられます。

死に様をいろいろ見ていると、亡くなる3-5年前から、最低亡くなる半年前から、心身の不調や病気を治すのに、誰の言う事を信じるかにかかっていると思います。商売や事業と同じだと思います。

判断を間違うと、商売や事業ならばお金と名誉を失いますが、心身の不調や病気では命を失ってしまいます。

この判断力は、失敗を通じてしか学べない、またタダで教えてもらったものはありがたみがなく身につかないのが一般的です。

メタボリックシンドロームの関連病やガンに対する抵抗力は、若い頃の大病を通じて養われやすいです。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。