2010年04月23日

メタボリックやガンにならず96才まで長生きの母のコツ:2本立て

故郷の京都府の過疎村で一人暮らしをしていた母を3年前に千葉県に引き取り、3/6に老衰で96才で亡くなりました。

母は相撲取りのように肥え、メタボリックシンドロームの高血圧、心臓病、糖尿にならなければ、おかしい体型でしたが、メタボリックシンドロームの高血圧、心臓病、糖尿にならず、96才まで長生きしました。

母の暮らしぶりを振り返ってみると、メタボリックシンドロームにならない物を何十年と飲食。

さらには、楽をせずに身体と頭をフルに使っていました。雨が降らない限り、畑仕事、雨が降ると内職の人形作り。誰にいくらお金を何時払ったか、90才を越えても、よく覚えていました。ボケなかったです。

食の養生と楽をせずに身体と頭をフルに使っていたことの2本立てが、メタボリックシンドロームやガンにならずに、長生きのコツだったと思います。肥えていましたが、顔色は良かったです。

2本立ての両方とも実行しない人が90%、片方だけ実行する人が9%、両方実行する人が1%の割合だと思います。


posted by ヒロ at 12:47| メタボリックシンドローム概要 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。