2008年07月28日

メタボリックやガンになりやすい顔とそうでない顔:あなたはどちら?

メタボリックシンドロームの基本知識ブログで「メタボリックやガンで早死の人は孫がいない:童心に返りストレス発散は長生きの薬」と書きましたが、童心に返り無邪気になっていると、そこに他人につけ込まれて、だまされたり、出し抜かれたりするのではとおそれ、賢い顔、抜け目のない顔、しっかりした顔、常に逃げ道を確保した顔をしがちの人が多いです。

しかし、賢い顔、抜け目のない顔、しっかりした顔、常に逃げ道を確保した顔、損をしたくない顔の時は、意外にも超能力や直感が働き心身を自然に癒すα脳波が出ていず、身体が重苦しく、詰まった感じがします。

このため、賢い顔、抜け目のない顔、しっかりした顔、常に逃げ道を確保した顔、損をしたくない顔をほとんどしている人は、結果的には案外バカで、3年後か半年後に逆になることばかりしがちで、メタボリックシンドロームやガンにもなりやすいようです。

童心に返り無邪気になっている時は、超能力や直感が働き心身を自然に癒すα脳波が出ており、その結果、身体が重苦しくなく軽安、詰まった感じがせず伸び伸びした感じがします。

このため、童心に返り無邪気にもなれる人は、計算もしないでのんきそうに見えますが、結果的にはなかなか賢く、強運でメタボリックシンドロームやガンにもなりにくいようです。

さて、あなたは、賢い顔、抜け目のない顔、しっかりした顔、常に逃げ道を確保した顔、損をしたくない顔をして生きてますか、または童心に返り無邪気にもなれる人として生きてますか?


2008年07月26日

メタボリックやガンで早死の人は孫がいない:童心に返りストレス発散は長生きの薬

昨日のメタボリックシンドロームの基本知識ブログで「メタボリックやガンになりたくなければ今日から運動を:暑さを口実にするな・汗を嫌うとあの世行き」と書きました。

メタボリックシンドロームやガンで、60才台などで早死にする人の共通点は、運動の嫌いな人、汗をかくのが嫌いの人、肉体労働を馬鹿にしている人、、、と昨日書きましたが、さらに追加すれば孫の顔を見ていないという共通点があるようです。

子供が30才を過ぎてもなかなか結婚しない、子供が結婚してもなかなか孫が生まれないために、孫の顔が見られない。

「孫とは、来て良し帰って良し」の存在で、体力と財布を消耗させられ、三日目になるとボツボツ帰ってくれないかなと思うものですが、孫と一緒に遊んでいると、どんな因業な人でも童心に返り、ストレスが発散します。童心に返りストレス発散は、長生きの薬のようです。

童心に返り、ストレスが発散できることが、メタボリックシンドロームやガンに対する抵抗力をつけるのだと思います。

2008年07月24日

石垣島産のクロレラはメタボリックの下の血圧に効く:東南アジアの某国産のように疲れ生じず

沖縄の石垣島産のクロレラを飲み始めて、三日目になりますが、東南アジアの某国産のクロレラを飲んでいる時のように、一時間の散歩の帰路しんどくて2-3回休憩する必要がなく、今のところスイスイ歩けます。

今日、93才の母が入院している病院で私の血圧を測ると、129〜73 です。私は、下の血圧はほとんど80台ですが、沖縄の石垣島産のクロレラを飲み始めてから下の血圧が70台に下がったようです。クロレラは、メタボリックシンドロームの血圧に効くようです。下の血圧を下げるようです。

私の母は、相撲取りの様に肥えていたままで、メタボリックシンドロームの心臓病や糖尿にならず、180〜110の血圧が40年前に135〜65と正常になったままです。母は何十年とクロレラも飲んでました。

東南アジアの某国産のクロレラを飲んでいる時は、1時間の散歩の途中でしんどくなりましたが、下の血圧は10ほど下がっていました。

沖縄の石垣島産のクロレラを飲んでも、3時間半休憩なしに歩けるか試してみようと思います。

2008年06月13日

唾液の質でメタボリックの心臓発作がわかる:米テキサス大・上質の唾液の出し方

米国のテキサス大学は、唾液をクレジットカード大のチップに塗りつけて、そのチップを分析器に差し込んでメタボリックシンドロームの心臓発作が起きているか、心臓発作の危険性が高いかどうか15分間で調べる方法を開発した。15分間で32種類のタンパク質を分析できる。

メタボリックシンドロームの基本知識ブログで、「甘くて粘りのある上質の唾液は無料の薬であり、メタボリックシンドロームなどの予防になり、どの程度修練した気功やヨガの先生かがわかる。にがいか水っぽい唾液は下等の唾液でありメタボリックシンドロームなどの病気になりやすい」「甘くて粘りのある上質の唾液を出すには、適度に汗を出すような運動を毎日する、腹八分目を守る、よく噛んで食べる、なるべく感謝して生きる、毎日の暮らしの中で喜びを見つける名人になることです」と書いたことがありますが、今回そのことが米国で科学的に立証されたことになります。

さて、あなたは現在、どのような唾液を出していますか?

脚は昔から第二の心臓と言われていますが、American Academy of Neurology によれば、脚がムズムズして自然に動かしてしまう(下肢静止不能症候群)人は、そうでない人と比べて、メタボリックシンドロームの心疾患や脳卒中に2倍なりやすいようです。

下肢のふくろはぎが敏感になれば、感受性や直感が鋭くなり、落ち着いた幸わせな気分になります。

なお、タニタは、6/20からメタボリックシンドロームの糖尿病患者用の携帯型の折りたたみ式の尿糖計「UG−201」を発売する。折りたたんだ状態での本体サイズは68×118×22mm。シャツのポケットに入る。センサーに直接尿をかけるだけでよく、尿糖の測定値を検出後わずか6秒で現す。

2008年06月12日

メタボリックの太陰体質の性格は富山県人と同じ:社長数や墓作り金額は日本一・体質が生き方や運を決める

韓国医学の父のイ・ジェマ説によれば、どの内臓が発達して強いか、どの内臓が未発達で弱いかによって、メタボリックシンドロームなどどの病気になりやすいか、生き方、適職、運、効果のある食事、効果のある薬が決まるようです。

前号のメタボリックシンドロームの基本知識で、「腰から下が発達し、胸から上が発達していない肝臓強で肺弱の太陰体質は肥満になりやすく、メタボリックシンドロームになりやすい。性格は、本心をなかなか見せず、心中に秘かに遠大な計略や計画を抱いて着々と実行し、韓国の大企業の社長に多いタイプ。頑固。牛のようだ」と書きました。

これを書いていると、つい富山県人との共通点を思い出しました。資本金1億円以上の社長に日本で一番多くなっているのは、富山県出身者です。

富山県人の性格は、頑固で牛のようで、本心をなかなか見せず、心中に秘かに遠大な計略や計画を抱いて着々と実行していくタイプが多いです。韓国医学の父のイ・ジェマ説の太陰体質の性格で、韓国の大企業の社長の性格と同じです。

本心をなかなか見せず、心中に秘かに遠大な計略や計画を抱いて着々と実行していけるのは、腰から下が発達し肝臓や腎臓が丈夫で気分が良く落ち着いているため、他人から踏まれても世間の荒波にもまれても、自制して自分の感情をすぐ表面に出さずに、無駄な挑発に簡単に乗らずにマイペースで生きられるためです。

腰から下が未発達で弱い場合、気分が気持ち良くなく落ち着けないためストレスに弱く、感情家で、少しの困難に遭遇すると、すぐ方針転換しやすいです。無駄な挑発に簡単に乗りやすい。

富山県人の日本一番は、そのほかに墓作りに一番お金をかける、嫁さんの内職の稼ぎが日本一。

2008年06月10日

メタボリックは肝臓強で肺弱の太陰体質に多い:韓国大企業の社長タイプ:日本人に勇気を与える韓国医学の父の生き方

レンタルビデオで「イ・ジェマ 韓国医学の父」のdvd 1-15卷を借りて見ましたが、メタボリックシンドロームの心疾患や糖尿病や肥満は、肝臓強で肺弱の太陰体質に多いと言ってます。

肝臓強で肺弱の太陰体質は、腰から下が発達し、胸から上が発達していない。腰が発達し、肥満体質。

性格は、本心をなかなか見せず、心中に秘かに遠大な計略や計画を抱いて着々と実行し、韓国の大企業の社長に多いタイプ。頑固。牛のようだ。

汗かきで、冷や飯を食べている時でも汗をかく。大腸が弱く、便秘か下痢気味。大腸ガンや肺ガンになりやすい。しかし、よく汗が出ていれば健康のようだ。

このような肝臓強で肺弱の太陰体質の人間は、メタボリックシンドロームの心心疾患や糖尿病や肥満になりやすい。

身体を暖める鶏肉や朝鮮人参などは、食べない方がよい。指輪をする場合は、手の薬指には金製の指輪をして肺を強化し、手の親指には銀製の指輪をして肝臓の働きを弱めて、バランスを取った方が良い。金製品は機能を強化し、銀製品は機能を弱める。

イ・ジェマは、1836-1900年。韓国医学の父といわれ、「東医寿世保元」の著者。人間の体質を4つに分け、同じ症状でも患者の体質によって正反対の薬や食事を与えないと、病気が治らず死なせてしまうと主張しています。

めかけの子供といじめられ、難病の下肢筋無力症という持病を持ちながら、さまざまな迫害や矛盾を跳ね返しながら信念に従って生き抜いたイ・ジェマの生き方は、メタボリックシンドロームに悩む年頃の日本人にも勇気を与えてくれると思います。

2008年06月03日

メタボリックにヒント多の100才のおじいさんの暮らしぶり:長年の冷水摩擦の根気・労働・多くの友達・信仰

三日ほど前のテレビで、千葉県山武郡の100才のおじいさんの暮らしぶりが放映されていました。その中で、メタボリックシンドロームやガンなどにならないで、健康で楽しく長生きするヒントが多くありました。

1、36才の時にその当時死病と言われる肺結核にかかり、その時から毎日一時間全身を絞った手ぬぐいで冷水摩擦している。毎朝、布団の中で寝たまま、体操をしている。多くの健康法を知っている必要はなく、三日坊主にならないで何十年も毎日続ける根気が必要です。メタボリックシンドロームやガンになる人の共通点は、順境でうぬぼれ慢心、逆境でしょげかえり自己卑下になり、何でも三日坊主の傾向ありです。よほど何かで叩きのめされて立ち上がらなければ、根気が身につかないようです。

2、毎日家業のビニールハウスのラン作りを二時間ほど手伝っている。毎日何らかの方法で、適度に身体を動かさないと、身体が詰まったような感じとなり、爽快感が失せ、メタボリックシンドロームやガンなどになりやすいです。千葉県山武郡の100才のおじいさんは「毎日が爽快です」と言っています。

3、近くの持ち山の1ヘクタール分にも、ランを栽培し、それを見学に全国から多くの人が来て、全国に多くの友達ができている。多くの友達がいて、多くの人に喜ばれるとは、生きがいとなり、老け込みにくくメタボリックシンドロームやガンなどになりにくいです。孤独になると、愚痴っぽく皮肉屋になり、老け込みやすくメタボリックシンドロームやガンなどになりやすいです。友達を作るには、自分から先に他人に喜ばれることをし続ける必要があります。

4、キリスト教を信仰している。メタボリックシンドロームやガンなどにならないで、健康で楽しく長生きしている人の共通点は、何かを素朴に長年信仰しており、清潔で凛とした仏間を持っておられます。

2008年05月28日

男性ホルモンはメタボリックの糖尿や動脈硬化も防ぐ:男性ホルモン補充療法の是非・高級な紅の朝鮮人参

テストステロンという男性ホルモンは、酸化ストレスを減少させるためメタボリックシンドロームの糖尿病、動脈硬化を防ぎ、がんやうつ病や認知障害や無気力や耳鳴りや疲労感や無気力や不眠を防ぐ効果があるようだ。若返りや勃起不全にも効果がある。

メタボリックシンドロームにも効果があるテストステロンという男性ホルモンは、20代が一番多く、60才代には約半分になると言われている。

男性ホルモンの回復には、食事の改善、毎日適度の運動、腰痛の改善、寝不足のを治す、気を若く保ち何かにチャレンジし続ける、、、などが必要です。

男性ホルモン補充療法も効果があると言われ、クリニックで男性ホルモンを注射や貼ってもらいますが、心関連病を助長しやすいとも言われています。一時、前立腺がんを引き起こすとも言われていましたが、その危険はなくなったようです。

一般的には、高級な紅の朝鮮人参が効果があると言われています。エキスで50グラム1.5万円クラスの高級なものです。もっとも、韓国では、血圧が上がるといって、高血圧の人は、朝鮮人参は飲みません。

とにかく、高級な紅の朝鮮人参を飲むと、ぐっすり眠れて寝覚めが良くなり、日中柔軟な楽天的な気分になり、若返った気分にもなります。ミネラルの亜鉛より効果があるようです。

2008年05月23日

私のメタボリックなどの精密検査の雑感:補助の人間ドッグがお得:知らぬが仏

親友の病院の院長が最近メタボリックシンドローム関連病の糖尿病で急死したため、約15年ぶりに私は嫌いな大病院に5回も通い、レントゲン、心電図、尿検査、血液検査、エコー検査、トンネルのようなMRI、ハート心電図検査を受けました。最終結果を聞くために、合計6回大病院に行きました。

国民健康保険を使って、約2.5万円。一回大病院に行くと、午前中一杯時間がかかります。

これでは、市の補助があれば、一日の簡易人間ドッグで約1.5万円(補助なしならば3-5万円)で、メタボリックシンドロームの糖尿、心臓、脳梗塞、腎臓や前立腺、膀胱、胃、ホルモン、ガンなどを検査してもらえるので、これの方が時間やお金の面で得だと思いました。

私は、原因不明の軽い不整脈があるだけで、他は異常なしでした。中性脂肪、コレストロール、血管なども異常なしでした。ガンもなしでした。

しかし、台湾産のクロレラを飲み始めた昨夏から毎日一時間の散歩の帰路に異常に疲れるようになっていたとは、何か体内で悪いことが進行していたと思っています。メタボリックシンドローム関連病の糖尿のなりかけかな、、、と疑っていました。


とにかく、大病院や人間ドッグで精密検査をしてもらうのも良し悪しだと思いました。ガンが発見されれば、気落ちして、元気がなくなり、かえって棺おけに近づくのでは、、、とも思います。

ガンになっていても知らねば、知らぬが仏で、それはそれで気落ちしないで楽しく生きようとするので、かえって長生きするのではとも思います。

私は、うつれば一晩で死ぬと言われている劇症肝炎にもかかったことがありますが、その晩と翌日異常に体がだるかったですが、休まずに普通に振る舞っていると、医者に行かずに治っていました。高校時代に肋膜炎にかかり、その時も異常に寝汗とだるさがありましたが、休まずに普通に振る舞っていると、医者に行かずに治っていました。

2008年05月19日

メタボリックにカリウム多の野菜・果物で余分な塩分放出が効く:第105回日本内科学会

「食塩過剰摂取による酸化ストレスがメタボリックシンドロームの主原因の可能性あり、余分な塩分を尿と共に体外に出す作用のあるカリウムを多く含む野菜や果物を食べるように、、、」と、藤田敏郎(東大)は第105回日本内科学会(会頭藤田敏郎)で話した。

日本人の塩分摂取量は減らず、さらに脂肪分の摂り過ぎ、食べ過ぎ、運動不足で、メタボリックシンドロームの高血圧は減っていません。

カリウムは、細胞内に水分を取り込み余分な塩分を体外に出すだけでなく、エネルギー代謝の活性化、たんぱく質合成への関与、神経や筋肉の機能を正常に保つ、不整脈を治す、満腹感を早く感じて過食を防ぐなどの作用があります。

カリウムが不足すると、食塩に多く含まれているナトリウムが過剰になり、インスリンの分泌を抑制します。満腹感を感じず過食となり、肥満となりメタボリックシンドロームになります。

カリウムを多く含んでいる野菜の順位は、パセリ、ゆり根、ほうれん草、おかひじき、里芋、芽キャベツ、枝豆、山芋、アシタバ、モロヘイヤ。果物ではバナナに多く含まれています。海草にも多く含まれています。

カリウムは水溶性で熱に弱いので、生で食べた方が良いです。煮汁も飲んだ方が良いです。

2008年05月16日

メタボリックの糖尿や喘息、アトピー、花粉症、がん、白内障によく効く健康食品あり:自分の身体で実験

アジアのある国で作っているクロレラを昨夏から飲んで、メタボリックシンドロームに関係する下の血圧がすぐ下がった効果がありましたが、毎日の一時間の散歩の帰路、疲れが出て、必ず2-3回休憩するようになり、まさかと思いながら最近そのクロレラを飲むのをやめました。

先週、東京に、純国産のクロレラ探しに、東京都内の大きな薬局7軒ほど回りましたが、生産地としてアジアの国、生産国表示なし、国産のクロレラと混ぜたものばかりで、結局買わずに帰りました。

残りのクロレラは、昨日ほとんど捨てました。

とにかくアジアのある国で作っているクロレラを止めてから、約3週間になりますが、毎日の散歩の途中一回も休憩しないようになりました。メタボリックシンドロームの糖尿病になりかけたので、すいすい疲れずに散歩できないようになったのかなとも、思っていました。

私は、勧められたり他人が飲んでいる健康食品で一万円以下のものは、素直に自分でも試しています。すると、副作用のあるもの、見掛け倒しで宣伝だけうまい高価なもの、効果があるが副作用のあるもの、自分にとって何の効果がないもの、宣伝なしか週刊誌やスポーツ紙に載っているものだがまさかと思うほどすごく効果があるもの、、、に分かれます。

そして、自分や友達の身体を実験台として、健康食品の効能のテストをしています。心身の不調の時は、軽いうちに、効く健康食品を思い出して飲んでいます。このため、長年、病院には、めったと行きません。

メタボリックシンドロームの糖尿病や、喘息、アトピー、花粉症、がん、白内障によく効く健康食品はありますね。

2008年05月15日

唾液の質がメタボリックの糖尿病や疲労や楽しさを左右:水っぽいかにがい唾液はダメ:気功の先生の程度

メタボリックシンドロームの糖尿病と歯周病が、唾液を仲介してお互いに関係していると、メタボリックシンドロームの基本知識で書きました。

唾液は、殺菌力があり、歯周病など体内の細菌(疲労やストレスの原因は細菌との説あり)を殺しますが、水っぽいか苦(にが)い唾液は上等ではなく、殺菌能力や消化能力が落ちます。

水っぽいか苦(にが)い唾液は、腹8分目を守らない、運動不足、心身の病気、ストレス、悩み、不平不満、夫婦不仲、優柔不断の時、何かに熱中してない時に出ます。

このような水っぽいか苦(にが)い唾液を出していれば、低い殺菌力のため、歯周病の細菌を殺しにくいので、歯周病になりやすく、これまでの号に書きましたようにメタボリックシンドロームの糖尿病にもなりやすいか、さらに悪化します。また、疲れの原因の細菌を殺さないので、疲れやすく、ストレスがたまりやすく、楽しく暮らしにくいです。水っぽいか苦(にが)い唾液は消化力が弱いので、食事がおいしくなく、胃腸も弱くなり、便秘や下痢気味にもなりやすい、そうなると不眠症や冷え性やがんにもなりやすくなります。

殺菌力が高くて消化力のある唾液は、粘りがあり甘い唾液です。そのような唾液を出したい時は、腹8分目を守り、適度に毎日運動し、心身の病気を治し、楽しく感謝して暮らす、夫婦円満、決断、何かに熱中、、、が必要ですね。

たかが唾液されど唾液ですね。唾液の質が生存能力を左右しているのですね。中国では昔から、どの程度の気功の先生かは、出している唾液の質でも判断しています。あなたの現在の唾液はいかがですか?

2008年05月09日

アジア産クロレラが昨夏からの疲れの原因:メタボリックの糖尿病なし:健康食品の副作用

私は、30年間ほとんど毎日1時間散歩しています。昨日は、散歩の帰り道でマラソンもしましたが、汗は出ましたが全然疲れずに、休憩はしませんでした。原料がアジアのある国のクロレラを飲むのを止めて2週間以上になりますが、それ以後、散歩の途中で疲れて、必ず2-3回休憩することが無くなりました。

やはり、散歩途中の疲れの原因は、メタボリックシンドロームの糖尿ではなく、原料がアジアのある国のクロレラのようです。

昨夏から原料がアジアのある国のクロレラを毎日飲んでました。昨夏から散歩の途中で疲れて、必ず2-3回休憩してました。猛暑だから疲れるのだろうと思っていましたが、夏を過ぎても散歩の途中で疲れて、必ず2-3回休憩してました。それで、高級朝鮮人参やハーブなどを飲んでも治らずに、おかしいと思っていました。昨夏までは、1時間の散歩などは、一回も休憩しないでスイスイ歩いていました。

大学時代の親友の病院の院長が最近メタボリックシンドロームの関連病で急死したので、私も、メタボリックシンドロームの糖尿か肝臓などを悪くしてないかと、1週間ほど前から、15年ぶりに嫌いな大病院で検査してもらいました。糖尿や肝臓も問題なしでした。

ビンに残っているアジア産のクロレラは捨てようと思います。このクロレラ飲むと、下の血圧が下がりましたし、左腕のひじのしびれが無くなりましたが、、、。

しかし、どうも長く飲むと疲れるという副作用があるようです。

2-3年間毎日飲んでいた別の健康食品がありますが、効果があった面もありましたが、2-3年後から腹部が締め付けられるような感じが毎日して、日中、眠気がよくするようになったので、飲むのを中止したことがあります。

2008年05月08日

メタボリックよりがんが大変:地味で質素な毎日の努力の積み重ねが大切

大学時代の親友の病院の院長が最近メタボリックシンドロームの関連病で急死したため、私も何時までも若いと思っていては駄目だと思い、先週からメタボリックシンドローム、がん、ホルモンなどの検査を15年ぶりに大病院でしてもらっています。今日は、4回目の検査に行きます。

これまでの検査では、がん、糖尿、肝臓、腎臓、コレストロール、中性脂肪は問題なしです。

私も、若く見られていますが、67才。最近、友達、近所で急にがんになっている人が増えてきました。相手を気づかって、健康の話題には触れないようにしています。

最近は大病院に行けば、簡単に体内のがんが見つかるだろうと実感させられました。血液検査、電波(エコー)検査、トンネルの中のようなものの中にいるMRI検査で、簡単にがんが見つかるだろうと思いました。

私も、今回の検査でがんが見つかっていればどんな気持ちになっていただろうかと、つい考えます。「がんにまだ侵されずに、生きているだけでも、ありがたい」と感謝しなければいけないなと思いました。

それにしても、がんになった人を思い浮かべて見ると、つくづく普段の生活の積み重ねが大切だと思いました。がんにならないためには、要領や奇策はなく、思いました。腰痛や肩こりを治す、良い便通、毎日適度の運動、腹8分目、なるべく感謝の暮らし、長所を見つける、良い顔色、、、などなど。人生と似てますね。人生は、案外、長い目で見れば平等になっています、、、。

健康な時は、こんなことには、まず気づきません。なるべく30代か20代に大病をしたほうが良いようです。

2008年04月29日

私もメタボリック検診受ける:妙な疲れ:アジア産クロレラ:まさかの物

大学時代の親友の院長が急死してから、私も13年ぶりに病院に行って、メタボリックシンドロームの関連病になっていないか、その可能性があるか、昨日検査してもらいました。明日は、電波を使って検査してもらいます。

親友の院長は肥え、メタボリックシンドロームの糖尿になっていました。一緒に歩くと、私はゆっくり歩いているのに、すぐ遅れました。

私も、何時までも若いと思っていては駄目だと思い、病院に久しぶりに行きました。

昨夏から、一時間の散歩の途中で2-3回休憩するようになり、おかしいと思っていました。何が原因か思い当たるものをいろいろ止めてみましたが、散歩途中の疲れが取れません。そこで、昨夏から飲み始めたクロレラをまさかと思い一週間前から飲むのを中止すると、散歩途中で休憩しなくなりました。

そのクロレラの原産国は、アジアのある国でした。

散歩の途中に疲れなくなりましたが、念のため、メタボリッキシンドロームの関連病も含めて、久しぶりに病院で診てもらいました。

わたしのこれまでの経験では、まさかと思うものが心身の不調や病気の原因になり、また、まさかと思うものが心身の不調や病気を治してくれます。


Powered by Seesaa

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。